バシャールとワクワクを追い求める旅ブログ

宇宙の法則も引き寄せの法則も、とっっっっってもシンプルなんです^^

タグ:#劣等感

こんにちは^^
Joeさんです。


劣等感について、前回の対談で出てきたので
それについて今回はシェアしてみようかと^^
(対談の記事と動画はここ見てね^^)


劣等感というと、どんなイメージですか?


Joeさんは、劣等感を持ってる自分のことが嫌いでした。
もうホント、大嫌いだったんですよね。


劣等感を他の表現で表すと
自分を無価値なものとしてるということになるんですよね。


ちなみにJoeさん、何に劣等感感じてたかというと
学歴とか
容姿とか
オネショ小6まで頻繁にしてたこととか
大好きなことがわからないこととか
大好きな人と付き合えないこととか
お金がないこととか
言いたいこと言えないこととか
オシャレセンスないこととか
女々しいとことか
離婚したこととか
などなど


人によってそれぞれ劣等感だと感じることは違う。
でも、共通するのは、上記にも書いたように


自分を価値の無いものとしていることなんですね。


そう、自分を無価値だとしていること。
ここ、大事なんで、何度も言います 笑


自分を無価値なものとしてるんです。


でもホントはそれ、嘘なんですよね。
嘘ってどういうことかというと
ホントは自分は価値ある存在だということ。


生まれてからこのかた
ずっと、ずっと、
なんなら、生まれる前からずっと
そして、これからもずっと


永遠に


価値ある存在だから。


この前提でいるかいないか。
でも知ってるんです、ホントは自分は価値あるんだって。


どんな自分でも価値あるんだって。
だって、価値がなければ、今ここに存在することすらできない。


価値があるからこそ、ここに存在してるんだということ。


だから、劣等感て、いつかどこかで
自分が勝手にそういうことにしてしまっただけ。。。


それは、親の影響かもしれないし
周りの大人や友達の影響かもしれない
社会のルールの影響かもしれない


そして、それを自分が受け入れることで
その劣等感を、自分のものとして生きてきただけなんです。


そのおかげで、いろんな経験もできたのも事実。
そして、そこからいろんなことを学べたのも本当のこと。


ただ、劣等感を、ダメなものとして自分を嫌いになるゲームをしてきただけなのですよ^^


で、そのゲームはいつでも、今でもやめることができるんですわ。
いや、マジで^^


で、そのやめる方法はというと
その劣等感だと感じてるものを、自分の一部だと受け入れてみる。


それも自分かぁと認めてみる。


こんな自分は嫌い、認めたくない、
だから、そうならないために努力と頑張りをするんだ!


ではなく、そんな自分を否定せず、ただ、
これも自分なんだぁぁぁぁぁ。


と受け入れてみる。
(それができないと言われることが多いんですが。。笑)


自分だけでそれができないなら、
誰かに自分の劣等感を打ち明けてみる。
さらしてみる。


そしたら、自分はそんなのダメだと頑なに信じてたけど
それを受け入れてくれる人がちゃんといるのです^^


そんな自分でもいいよって、
大丈夫だよって
大好きだよって
愛してるよって


そう言ってくれる人がいる。
(言ってくれる人が現れないという人は、話す相手が違う 笑)



自分が、勝手に認めてなかっただけ。


誰かに話すことによって、自分の劣等感を受け入れることができることも、ある^^


もし、自分だけで劣等感を認めることができないなら
誰かにちょっと打ち明けてみてください。


もし、誰かに打ち明けまくってるのに
劣等感を認めることができてないなら
自分をただ受け入れてみてください。


そうやってみて、胸の辺りがふわっと軽くなれば
自分が自分の劣等感を許した瞬間、受け入れた合図。


そしたら、そんな自分のまま好きなこと、ワクワクすること
心踊ることが、またやりやすくなるのですわ^^


劣等感は、受けれてしまうと
それは個性になる。


この世界は個性だらけなのです。
個性しかないと言っても過言ではない^^


少しずつでいいから、それに気づけると思うよ。


最後まで読んでくれてありがとう^^



最新の情報をお届けします。

Twitterでフォローしちゃおう♫

 

こんにちは^^
Joeさんです。


さぁ今回もまいりましょー。
バシャールのいう観念についての別角度からのシェアです。


自分は人に上手く伝えることができない、と信じてる人

自分の気持ちは人に届かない、と信じてる人

自分は無視される、と信じてる人



だって、伝わらないから、伝わらなかったから

だって、届かないから、届かなかったから

だって、無視されるから、無視されたから



だから自分は人に(気持ちを)伝えることができないやつ



だったら、伝えようとして、届けようとして、ダメで

それで辛い気持ちになるくらいなら、やらないでおこう


自分のことあまり話さないでおこう
聴く方に徹しよう 



そんなことが、あなたの中にあるのなら

それは、、、もう辞めてもいいのかも、です。



だってその、信じてることは、勘違い



うん、カンチガイ、です。
どこかでそういうことにしちゃった、だけ。 



これは、Joeさんのことを言っています^^

僕は、こういう気持ちが、心の奥底にあったみたいです。



だから、

言葉にして伝えることが苦手だった。

文章にして届けることが苦手だった。



人前で話すとか、説明するとか

雑談の時は大丈夫だけど

本当に伝えたい時、できなかった、今思えば。



Joeさんは人前に出るとすごーーーく緊張するんです。

脇汗めっちゃかくんです 笑

脇にビショビショになっちゃうんですよ。



自分が大事だと思うシチュエーションになればなるほど。

恋愛で告白するとき

仕事で社内の人やクライアントに説明するとき

600人の前で話すとき。
などなど 



本当に緊張してた。



場数踏めば慣れると教えてもらったこともある。

多少は慣れた。

でも慣れなかった。



人前に出る時に、手に「人」って書けば大丈夫だと教えてもらったこともある。

でも無理だった。



聴衆の人の顔を野菜とか果物のイメージ持つといいと教えてもらったこともある。

でも一時的なものだった。 



根本の解決にはならなかった。



なんなら、それ以降、恐怖が増してた。

人に話す直前なんか、怖くて怖くてどうしようもなかった。



だから、試行錯誤で上手に話すように頑張ったり

明るく接するようにしたり

でも文章は書かないようにしてたけど


で、割とできるようにもなった。
周りから認められることもあった。
でも、自分の中の気持ちの部分は何も変わらなかった。 



もしかしたら、同じような人もいるんじゃないでしょうか。



この記事の最初に書いた

自分は人に上手く伝えることができない、と信じてる人

自分の気持ちは人に届かない、と信じてる人

自分は無視される、と信じてる人



これはまさしくJoeさんのことなんです。

気づいた時、あまりに衝撃で笑けてきました。



こんな観念持ってたら

そりゃぁそのエネルギーに合ったもの返って来るわ、と

っていうか、返ってきてたわ、と。



ずっと、ほぼこの40年間^^



で、これ、辞めます。

この観念書き換えます。



気持ちが伝わらない人として生きるのはもう飽きた。

声が届かない人として生きるのはもう飽きた。



気持ち伝わったってええじゃないか!

声が届いたってええじゃないか!



なので、Joeさん

気持ちが伝わるやつ

声が届くやつ



伝わらない人がいても、声が届かない人がいても

Joeさん自身はラク〜に楽し〜く簡単に伝わるやつで、届くやつ、でいこうと^ ^



この観念の書き換えの後から

このブログがどうなっていくのか。



動画配信がどうなっていくのか。

(実は宇宙男子という2人組でyoutubeで配信してるのです)



Joeさんの現実がどうなっていくのか。



よし、どうなっていくのか、検証です^^



大丈夫、あなたもうまくいってます。
 


なんか宣言記事みたいになったけど

最後まで読んでくれてありがとう^^

↑このページのトップヘ