バシャールとワクワクを追い求める旅ブログ

宇宙の法則も引き寄せの法則も、とっっっっってもシンプルなんです^^

タグ:#エネルギー

こんにチワワ^^
Joeさんです。


相手を責めるのも
自分を責めるのも


同じ「責める」


なんだということをシェアしてみようかなと。


今日はなんだか大事な内容になる気がしてきた 笑


責めるって、攻撃することと同じなんだってことなんですよね。
似た言葉としては、どんなのがあるかなぁ。


痛めつける、つけられる
傷つける、つけられる
フルボッコする、される 笑
害を与える、受ける


とかですかね。
んーー、他にもありそうだけど、
ボキャブラリー少ないJoeさんには
これが限界です。。 笑


言葉としては違うけど、
どれもネガティブな感じしませんか?


エネルギーでいうとネガティブエネルギーということです。
分離、破壊、孤立の性質があるということ。


そして、責めるって、
相手を責めるにしても、自分を責めるにしても
どちらにしても同じネガティブな性質のエネルギーなんですよ。


ということはですよ、
相手を責めてる時は、
同時に自分を責めてることになるんですよね。


なんかわかります??


だってね、相手を責めてる時、
どこからその感情が出てるかっていうと、、、


自分ですよね。


なので、結局は自分を責めてるのと同じなんですよ。
ここが、なかなかどうして伝わりにくいんですけど。。。笑


そして、相手ではなく、自分を責めてるときは
文字通り、自分を責めるエネルギーが
自分の内側から発生してる、ということになる。


これは、責めることだろうが、喜ぶことだろうが
仕組みとしては全部一緒^^


つまり、全部自分の中から始まってる、ということ。


ここで、いやいやいやいや!!!
目の前の現実が起きてるから、そっちの方が先だから!!
その後に、この感情が自分の中に発生するじゃろうがーーー!!!


って思う人もいると思うのですが。。。
そこはちょっと、Joeさんの意見をちょっとだけで
受けれてもらうとしてですね。。。笑


で、全部自分の中から始まってるとすることができるとですね
答えは全部自分の中、内側にあるんだということにつながるわけですよ
先輩!!


軸を自分に持ってくることができる。
自分の外側の誰か、でもなく
環境でもなく^^


で、で、ここで、
責めることが悪いことだとしないでいただきたく。


「責める」はただのネガティブなエネルギーなだけなんです。
それを、自分が、意識的か無意識か、
使ってるだけなんですわ^^


だから、どんなエネルギーの状態で自分がいるのか
それを知って、自分の望むエネルギーの状態に変えていくだけ。


外側の状況や、環境や、アイツ(笑)、は関係ない。
(あ、我慢とかしてるとまた異なってくるので悪しからず。。。はぁ。)
でも、外側のそれ、は自分が今どんなエネルギーの状態なのかは
教えてくれる^^


そう、自分の外側にあるものは
全部、自分の内側を分かりやすいように見える形で教えてくれてるのです。


引き寄せ、です。
出したものが返ってくる、です。
what you put out is what you get back、です。

相手は自分の鏡とか、反映とか聞いたことありません?
それは、そもそも、全部自分の中から始まってるという前提だから
成立する話なのですよ、奥さん。


いやーーーー、伝わるのか?伝わるのか???
この説明で伝わるのかーーーーーー!!!笑


これが今のJoeさんのベストでございます^^


ただですね、こういうのを普段の生活の中で
渦中にいると尚更なんですけど
気づかなかったりするんですねーー 笑


はい、Joeさんのことですけど 笑


気づいた時なんか、
うわぁぁーーーーー、またやってもうてるーーー!!


ってなるんです。


でも、この仕組みを知ってるのと知らないのとでは
体験している身としては、天と地ほどの
差があるのではないかとJoeさん思ってるわけであります。


これを知ってるだけで、ちょっとしたときに


おぉ!!


って、ふと気づくときもあるんですよ。
そういえば、Joeさんとかいう奴がなんか言ってたぞ、と。


アイツ、めちゃくちゃいいやつで、カッコよくて、
紳士で、面白くて、マジ尊敬する奴が言ってたぞ。と 笑


別にJoeさんじゃくてもいいんですよ。
名前忘れたけど、なんか情報として合ったぞ、と。


別の素敵な方々も同じことを、色々な表現で発信してくれてるので
それを思い出したりするだけでもいいんですよ^^


仕組みとして、こういうものがあると知ってるだけでいいのです。 


ただの仕組みなので、
もう、どんな自分でもいいんです。
素晴らしいんです。


責める自分も素晴らしい存在なんです。
価値ある存在なんです。


愛ある自分の素晴らしい存在なんです。
価値ある存在なんです。


両方素晴らしくて価値あるんです。
同じだけ^^


そう自分で、自分のことを認めることが
自分を大事にすることなのですわ^^


こんな自分も自分の一部かーーーーーーー、と 笑
これでもいいのかーーーー、と。


ダメな自分の部分を認めちゃう。
ダメなアイツの部分を認めちゃう。


それから選ぶのです。
どの自分も、自分なんだとしたら
今どういう自分として生きていくのか、と。


んーーーー、ここの表現がムズカスィ。。。


だから、
責める自分も
責められる自分も
怒る自分も
怒られる自分も
傷つける自分も
傷つく自分も
愛さない自分も
愛されない自分も

喜ぶ自分も
喜ばれる自分も
褒める自分も
褒められる自分も
認める自分も
認められる自分も
愛する自分も
愛される自分も


全部ひっくるめて、自分の中にある、ってことなんすね^^


それを、この人生で、いろんな経験を通して思い出していくって感じかな 笑


だから、これを読んでくれてる人も、
Joeさんと一緒に、本来の素敵な自分を思い出していきましょうぞ^^


最後まで読んでくれてありがとう^^


最新の情報をお届けします。

JoeさんのTwitterをフォローしちゃおう!
 

オラ^^
Joeさんです。


加害者と被害者ってあるじゃないですか。
これについて今回はシェアしてみたいなと^^


一般的には加害者は危害を加える人で、悪者として世間では扱われますよね。
逆に、被害者は被害を受けた人で、まぁどちらかというとこっちが正しいという感じ。
あ、Joeさん的には、なんですけど 笑


加害者は、ひどい、サイテー、人でなし、
被害者は、かわいそう、弱者、


で、今から書くことってエネルギー的な話になるんで
一般常識を基準に読まないことを、声を大にしてオススメします 笑


毎度言いますが、これには良いも悪いもなくて
ただ、そういう性質なんだという理解をしてくおくれ^^


Joeさんは昔、自分を加害者にしたくないから
なるべくそうならないようにしてたし、最悪でも被害者になろうって思ってた。


だって、その方が、助けてもらえると思ってたし、 安全って思ってたから。
逆に加害者になっちゃうと、完全にのけ者扱いされて、孤立されて、
なんなら人との繋がりが完全に切れちゃうと思ってたので
そうなりたくないというのもありました。
(ず、ずるい奴だ 笑)


ただ、心の話とか、バシャールとか、引き寄せとか、エネルギーとか、
そういう目に見えない世界の理解が深まれば深まるほど、
加害者、被害者って、本質は、冒頭で書いたものと違うんだと気づいちゃったんですね。


加害者から書こうか、被害者のことから書こうかどっちにしよっかなーー。
どっちでもいいんですけど 笑


加害者は、自分を弱いとしてる人、わかってもらえないけどわかってほしい人。
加害者は、自分は弱いやつだけど、立場が上でいたいから、下でいたくないないから
コントロールするために権力を使ったり、力ずくで押さえ込もうとする人。 


本当に強い人っていうのは、権力も使わない、力ずくで押さえ込もうともしないんです。
本当に強い人は、力ずくとか必要なくて、
指先で軽くタッチするくらいの力で十分大きなことができると知ってる人。


そして、
被害者は、自分を弱いとしてる人、わかってもらえないけどわかってほしい人。
被害者は、自分は弱くて弱くて、こんなにかわいそうなんですーって言ってる人。


つまりですよ、加害者も被害者も、なんと両方とも
自分自身を、弱くて、わかってほしい、価値のない人だと、心の奥底は信じてる人なんですよ。


エネルギーでいうと同じ。
そう同じなんです。
同じエネルギーで引き寄せ合ってる。


自分の内側が先で、目の前の現実は後、なんですねー。


創造の法則の中にもある通りです。
出してるものが返ってくる。
what you put out is what you get back.


なんとびっくり 笑


言い方変えると、
被害者は、加害者の加害者でもあり
加害者は、被害者の被害者でもある、という


おっと、混乱してきた?
しないで 笑


見た目には異なる2者なんですけど
その実、一緒だったんだ、と。


そんな訳あるかーーーーーーい!!!!
という声が聞こえてきそうですけど 笑


まぁ、わかります。
だって、Joeさん昔はそうでしたから^^ 


ただね、エネルギーとして、法則として見た場合
そうとしか言えなくなってしまうのですよ。


だから、これ読んでしまってる人は、
今後人のせいにすることができなくなります 笑


あ、でも自分を悪者にはしないでよ 笑
(この辺が人によっては混乱しちゃうとこではありますが、その辺はまた別記事で^^)


で、人のせいにしないで、自分の中に答えがあって、全部自作自演、自分で創ってたってなると、
自分が引き寄せてたのかーーーーーーーー!!!!!
っていうことになりますから 笑


まだまだ人のせいにしたい人は、どうぞそのまま続けてください。
それを選ぶのも自由です、はい^^


でね、冒頭でも書きました。
これは良い悪いではないんです、と。


ただの性質なんです、と。
もう一度言います。


ただの性質です。
ただの特性です。


良い悪いんじゃないんですよーーーーーーーーー!
奥さんこ聞こえてますかぁぁぁぁぁーーーーーーー?????


その上で、伝えますよ^^
その特性の波動エネルギーにしてるのは、他でもない自分、ということ。


自分「が」それを選んだ。
だから、その波動の自分になった。
だから、その波動に合わせたものを引き寄せ、現実として現れた。。。


ん???
ふざけるな!!!って?


見えない世界の話なんかしやがって、
そんなことで丸め込もうとしてもワイは騙されへんで!!!
って??


それも、わかります。
なんせJoeさんが昔そうでしたから 笑


もうね、これは、この世の法則としか言いようがない。
それを信じてもらうしかない^^


これを信じれないということは、これ以外のことを自分が信じているということ。
そこに気づいてもらうだけでもいいですよ^^


でもね、これ分かりやすくないっすか???
今回の記事、我ながらなかなか良く書けてると自画自賛なんですけど 笑 
ただの自己満ですが 笑


だから、するべきことは
自分の波動エネルギーの状態を、加害者・被害者という
自分のことを価値がないというネガティブな波動を出すのをやめて
自分にはそもそも価値があったんだというポジティブな波動に変える、だけ^^


そうすると、加害者、被害者意識が自分の中から消えるんです。
気持ちがラクになるんです。
他の加害者、被害者だとアピールしてピーチクパーチク言ってる人のことが
自分は気にならなくなるんですよ。


人生が楽しくなってくる^^


自分のワクワクすることに集中できるようになる^^


どんどんその循環が大きくなってくる^^


加害者、被害者という自分には価値がないという、遊び、
そろそろ終わりにしましょう^^


というお話しでした。


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

こんにちは^^
Joeさんです。


ワクワクの種類についてシェアしましょう。


ワクワクすることっていうとどんなイメージがありますか?
Joeさんは最初、テンションアゲアゲな感じのことだけをイメージしてました。
しかも大きなこと。
将来の夢、的なこと。


でもどうやらそうじゃなかったんだよね。
というよりも、それだけではなかったという感じです。


バシャールは英語ではワクワクのことをexciting thingと言ってます。
あとはpassionとか。
どちらもテンション高い系じゃないです???


少なくともJoeさんはそうとしか捉えてませんでしたよ 笑


そしてワクワクには、気分が穏やかになれること、
リラックスできることも含まれてるんですよ。
例えば、Joeさんにとっては瞑想とか、マッサージとか、
散歩とか、そういうのも含まれる。


そういうのも含まれる。
これ、結構誤解されてたりする。


要はバランス取りながら、
自分にとって、テンション上がったり、リラックスできたり
そういうのをワクワクと言うのですね。


これ知ってるだけでも少し気分楽になるよ^^


Joeさんはこのブログを始めた理由として
これまでの知識と経験をシェアしたいなった思ったからです。
これはワクワクしてしまった。


他には、散歩、子どもと遊ぶこと、ご飯作ること
友達とお茶すること、ひも解くこと、歌うこと、旅すること、
が、今のところの定番です^^


時には、ラーメン食べたいとか、コンビニのツナマヨおにぎり食べたいとか
映画観たいとか、横浜行きたいとか、海見たいとか、
色々突然思い浮かぶことがある。


で、そういうのを、やる^^


そうやって自分をご機嫌の状態にする「行動」をするわけですね^^
行動をするから、そのエネルギーが自分から出て行く。


行動しないで、何もしないで待ってるだけを続けてると
大抵ワクワクするエネルギーが出ない。
(まぁ人によるかもしれませんよ?何もしないことが本当にワクワクする人なら^^)


とにかく、ワクワクすることには、幅があるということ、
でした^^


ぜひ今、ワクワクすること、ご機嫌になれることやってみて^^


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

↑このページのトップヘ