バシャールとワクワクを追い求める旅ブログ

宇宙の法則も引き寄せの法則も、とっっっっってもシンプルなんです^^

カテゴリ: いろいろ

夜の東京からこんばんは^^
Joeさんです。


感情はそれ自体では単独に存在することができない。
というお話を以前したことがあります。
その辺りはこちらもどうぞ^^


感情だけでは存在できないと。
仕組みがある、と。


感情はサインなんですよね。
ポジティブな感情は、それは自分らしくいれてるよ、というサイン。
ネガティブな感情は、それは自分らしさからズレてるよ、というサイン。


そう、ただのサイン^^


どっちの感情が良いとか悪いとかではなく、
ただ、そういう性質なだけなんだということを理解してくると
あまり、目の前の出来事に翻弄されなくなるんだよ^^


じゃ、感情だけでは存在できないというのはどういう意味か?
それは、感情にひもづいている元のものがあるということ。


それが観念、なんですよね^^
自分の中で、真実として信じてしまっていること。
(観念についてはこちらもどうぞ^^ その1 その2 その3


職場で、プライベートで、特定のあの人と会ったとき
いつもドキドキしてしまうというとき、
そのドキドキが、怖さ、窮屈さ、萎縮してしまうのであれば
こんな風に自分に問いかけてみるようにしてみて^^


このシチュエーションで、怖さ、窮屈さ、萎縮を感じてしまうのは
自分にどんな観念があるからだろう?って。


また何か指摘される、ダメ出しされる、威圧される


ダメ出しされる自分は弱い人間


弱さはダメなことだという観念があるかもしれない
押し負ける自分はダメだという観念があるかもしれない


でもね、ダメだと決めてるのは自分だけなのです^^
一般的にもそうだ!、という異論が出るかもしれない。


でもね、それは関係ないのです。
他の誰かはそうなのかもしれないけれど、
自分もそうである必要はないのです。


そして、自分をダメだとしてる観念を持ってるならば
それは、ただのネガティブな波動のエネルギーという性質なだけなのです^^


ネガティブな観念を自分で持ってるから
ネガティブな感情(恐さ、窮屈さ、萎縮)として出てきていただけ^^


ここに気づくだけで、全然違う。
自分が選んでたんだと知るだけで、自分にチカラが戻ってくる^^
この世界は自分が創ってるって理解できるようになってくる。


気持ちがとてもラクになるのです^^


ネガティブな波動に良いも悪いもないのです。
ネガティブな波動の特性は、ただ分離、縮小、断絶の性質があるというだけ。


これを自分が無意識に選んでしまってるだけなんだと気づけばいいのです、はい。


そして、もし、観念を見つけたのに
同じシチュエーション、同じ感情が出てくるとしたら


もしかすると、その観念にひもづいているサブ観念があるかもしれない。


観念はミルフィーユ状になってることがあって
更に奥に他の観念が潜んでる場合がある^^


じゃ、そのサブ観念は一体なんだ????
って、それを見つければいいのです。


最初はしんどいかもしれない。
Joeさんもそうだった。


でもね、その先にはちゃんと光があるんだわ^^
自分のホントに大事にしている宝箱があるのですわ 笑


大丈夫、みんなそれを見つけるチカラと権利がある。
そして、それは自分の中にあるのです^^


威圧する波動のエネルギーには自分は勝てないという観念なのかもしれない


でも、それ、気のせいかもしれないということ^^
そもそもなんでそれを自分は信じてるんだっけ???


人をコントロールするには威圧することが手っ取り早いと信じてるのかもしれない
今までの人生、威圧されてきた、コントロールされてきたと感じてるかもしれない


だって、昔、嫌だと感じてそれを主張しても
受け入れられなかったから、聞き入れてもらえなかったから。


威圧の波動は分離のネガティブな波動なだけで
ただそれを自分は無意識に受け入れて、洗濯、、、じゃない選択しちゃってただけなんだ、と^^


だとしたら、自分は今からはそれを好まない、選ばない。
威圧される自分自分でいることを望まない。


威圧される自分をもう辞めてもいい、と。


だったら、どんな自分を好みますか??
どんな自分を選びますか???


威圧の波動には合わせない自分、動じない自分、調和な波動の自分
ワクワクな波動でいる自分を選ぶ!!


それを自分には選べるだけのチカラがあるのです^^


そもそも、あの人はコントロールなんてしようとしてないのかもしれない。
コントロールもしてきてないし、威圧もしてきてないのだ、とすることもできるのだ^^


ただ意見を言ってるだけなんだ。
そういえば、他のあの人の場合もそうなのかもしれない。


自分が勝手に過去のことと重ねてただけだわ 笑


っていう風にできちゃうのです^^


ちなみにこれ、Joeさんのことなんですけどね、あはは 笑


こうやって、自分の中にある観念を見つけることができれば
それを手放して、自分の望む自分になることができる。


ワクワクすることをしながら、こういうことをやっていけばよいのです^^


観念とサブ観念、一見面倒に見えるかもしれないけど
見つければ見つけるほど、自然体の自分らしさに戻ることができる。


だから、ワクワクすることをやりながら、
自分の観念を見つけるのもワクワクの一部なんだよね♫


こんなこと書きながら、Joeさんも
悶絶することまだまだあるんですけども 笑


でもJoeさんは、こうやってワクワクを追い求める旅がワクワクするのです^^


答えは全部自分の中にある。
今がどんな状況でも、最悪だと思える状況でも、大丈夫^^


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

Joeさんです^^
こんちゎーっす。


今回シェアしたいことというのが
そもそも、、、の話です。


この、そもそも、が自分の中でどうなってるのかで
普段の生活、仕事、恋愛、人間関係、をどう捉えるかが変わる。


もうこれに関しては、Joeさんも訓練中なんですけど。


自分の存在意義というか、自分とはなんなのか、というところの
そもそも、です。


人によって違うし、もしかしたら、これを読んでみて
異論もある場合もあるでしょう。


でも、それが、自分のそもそも、ということになるんですよ。
異論のその元にある自分が信じてるナニカ。


じゃ、そもそもって何かというとですね
そもそも、


自分は価値ある存在である
自分には「ある」という言い方もある


人によっては、自分には価値が「無い」と感じてることもある、よね。
Joeさんも生きてる中でそう感じてしまうことたくさんありますよ。


でも、以前の自分よりは思わなくなってるわけです。


他の記事でも書いてるけど、
自分が今現在、何を信じているのか。
自分のことをどう信じているのか。


これ、自分で決めていいことなんです。
信じるチカラっていうのは、全人類平等に持ってる能力だということを
まず知ってほしいな、と。


必ず何かを信じてるんです、我々は。
何を信じてるかの違いだけ。


じゃ、何を信じてるのか?


自分を価値が無い存在として信じてるのか
自分を価値がある存在として信じてるのか


ある条件においては価値があるけど、
他の場合には価値が無いと思ってるのか


これも、自分の信じるチカラを使ってそう信じてしまっている、だけ


だから、そもそも、自分には「ある」んだと信じてみる
何をしても、何もしてなくても
何かができても、何もできなくても


自分は、そのままで、ただここに存在してるだけで
価値があるんだ、と信じてみる


過去に辛い出来事があったから、価値が無いと
信じ込んでいるのかもしれない


でも、それは本当は、勘違いなのですよ^^
Joeさんにも、あなたにも、今ここにいるだけで、価値があるのです。


自分の価値は何も変わってないんだってことに気づくと
世間が、周りが、自分の見方が変わる。


あー、なんだ、
自分はこのままで価値があるし、
満たされてるし、愛されてる、ってことが感覚でわかってくる。 


だから、「ある」んです。


「無い」ということにしてしまった自分がいただけ。
「無いがある」とも言える 笑


つまり、「ある」がもともとの大前提。
今ここにいるってことは、「ある」ってこと。


でも、「無い」がダメとかそういうんじゃないのよ^^
「ある」の中に「無い遊び」を作ってしまっただけ。


そう信じてしまって生きてきた自分がいるだけ。


無い遊びをしているときは
それを満たそうとして、外側に欲を求める。


でも「ある」のまま生きていると
欲ではなく、好奇心で動く。


「無い」の人は過去と未来に生きてる
「ある」の人は今に生きてる


だから、「ある」を前提にしてみてください。
それを信じてみてください。


信じることに許可を自分に出してみて。
しゃーないから、信じてみるかーーーって 笑


そしたらね、ほんと、自分の世界が変わるんだから^^


どうしても信じれない場合?
それは、信じれないことを信じてるってことです。
何かを信じているってこと。
信じたくないってこと。


だって、信じれなかったことがあったから、、、。


でもね、それも、自分の信じるチカラをそこに使ってるってだけなんです。


というお話でした。


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

こんにちは^^
Joeさんです。


ワクワクの種類についてシェアしましょう。


ワクワクすることっていうとどんなイメージがありますか?
Joeさんは最初、テンションアゲアゲな感じのことだけをイメージしてました。
しかも大きなこと。
将来の夢、的なこと。


でもどうやらそうじゃなかったんだよね。
というよりも、それだけではなかったという感じです。


バシャールは英語ではワクワクのことをexciting thingと言ってます。
あとはpassionとか。
どちらもテンション高い系じゃないです???


少なくともJoeさんはそうとしか捉えてませんでしたよ 笑


そしてワクワクには、気分が穏やかになれること、
リラックスできることも含まれてるんですよ。
例えば、Joeさんにとっては瞑想とか、マッサージとか、
散歩とか、そういうのも含まれる。


そういうのも含まれる。
これ、結構誤解されてたりする。


要はバランス取りながら、
自分にとって、テンション上がったり、リラックスできたり
そういうのをワクワクと言うのですね。


これ知ってるだけでも少し気分楽になるよ^^


Joeさんはこのブログを始めた理由として
これまでの知識と経験をシェアしたいなった思ったからです。
これはワクワクしてしまった。


他には、散歩、子どもと遊ぶこと、ご飯作ること
友達とお茶すること、ひも解くこと、歌うこと、旅すること、
が、今のところの定番です^^


時には、ラーメン食べたいとか、コンビニのツナマヨおにぎり食べたいとか
映画観たいとか、横浜行きたいとか、海見たいとか、
色々突然思い浮かぶことがある。


で、そういうのを、やる^^


そうやって自分をご機嫌の状態にする「行動」をするわけですね^^
行動をするから、そのエネルギーが自分から出て行く。


行動しないで、何もしないで待ってるだけを続けてると
大抵ワクワクするエネルギーが出ない。
(まぁ人によるかもしれませんよ?何もしないことが本当にワクワクする人なら^^)


とにかく、ワクワクすることには、幅があるということ、
でした^^


ぜひ今、ワクワクすること、ご機嫌になれることやってみて^^


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

こんにちは^ ^
Joeさんです。


ご機嫌ですかぁレレレノレ〜♫
バカボンに出てくるあのほうきのおじさんいいよね 笑


これ自分に問いかけてみると
今の自分がご機嫌かどうか簡単に判断できる^ ^


ご機嫌だったらそのご機嫌の感覚を味わい楽しむ。
ご機嫌じゃなかったら、ご機嫌になることやって
ご機嫌を味わい楽しむ。


今の自分をご機嫌にしてみると気分がいい。
というわけで、好きなお店の
カフェモカテイクアウトしてきたのだ^ ^


056A1CD3-4FA5-4BC0-98A1-511B357D1ACB


前回の記事とも似てる内容になるかもしれませんが
書いていこうと思います。

ビリーフシステム、観念を別の言葉にすると
今現在、自分が信じてること。


自分が自分自身のことをどういう人だと信じてるか。


周りからどう思われてるかではなく、
自分が自分を内心はどう見てるか^ ^


例えば、Joeさんの場合だと、
信じてしまってることとして、


伝わらない人で、声が届かない人、
受け入れてもらえない人、
というのがありました。
そしてそんな自分のこと見下してた。


でも、伝えたいし、届けたい、
だから伝わるように伝え方とか工夫する。


けど受け入れてもらえないと信じてるから
伝わったとしても
それを伝わってないことにする


でもやっぱり伝わって欲しい
だからもっと他の工夫してスキルup図る。


けど受け入れてもらえないと信じてるから
伝わったとしても
それを伝わってないことにする


あぁ、無限ループ。。。


自分は伝わらない人、
受け入れてもらえない人だから
伝わったらこまるわけです 笑
伝わらない人でいれなくなるから 笑笑


でも伝えたい、届けたいという。。。


なにこれ 笑笑
何コント???


みたいな 笑笑


この矛盾が自分の中にあると気付くと
あまりの自分のバカらしさに笑けてくる 笑


で、この、自分は伝わらない人、
受け入れてもらえない人、
を止めませんかというお話^ ^


で、で、これを自分が選択して、決めて、
そういう自分でいたと自分が認めて
受け入れたとき


解放されてしまうのですよ^ ^


そしたら、そんな自分を止めることができる。
止めて、


受け入れてもらえる人でいい


と自分が決める。


そしたら、観念の書き換えになるんですね。
そしたら、現実が動き出す。


自分の信じてることは
自分で決めていいねんで。
いかようにも^ ^


さて、君は今どんな自分だと
信じちゃってるの???


今どんな状況だろうが何も関係ない。
最初から、そして今も
君は最高に価値ある存在なんやで。


それはもうずーーーーーーっと永遠に
変わらん^ ^


目の前にある現実は
自分で創ったものだから、これでいいのだ♫


最後まで読んでくれてありがとう^ ^


D3196970-B4EF-4293-B3C8-480D17534CEC

昨日新宿で旨い天丼食べたってん♫

アロハ^ ^

Joeさんです。



バシャールはbelief systembelievedefine

という言葉をよく使ってるんだけど、

これに関してJoeさんの理解を

シェアしたいと思います。



日本語でよく訳されてるがこちらかな。

belief system → 観念システム、ビリーフシステム
belief → 観念

define → 定義



どれも似た意味になる印象かな? 

英単語はまぁいいとしてですね

この中でも1番使われてるのがbelief systemなんです。
と言うより、Joeさんがそう感じてるだけなんですけども 笑


つまりシステムなんですね。

観念の仕組み。


仕組みなので、観念にポジティブエネルギーとネガティブエネルギーがあって
その両方が含まれてるわけ。


で、観念という言葉に親しみがわかないかもしれない。
なんせJoeさんがよくわからんかったから^^


今、現時点で、自分が
信じてること
信じてしまってること
マイルール
固定概念


とかです。
で、これを意識的にわかってるものと
無意識に持ってるものがある。


そして、生きていて、望んだ通りになってなくて困ってる時って
無意識の中にある観念がネガティブエネルギーのものでそれが根本にあるからなんですね。


観念→感情→思考・行動


無意識なので、自動でルール通りにやっちゃってる。
自動というのはとても便利なんですけど
自分の観念がネガティブなものである場合、ネガティブな感情が出てくる。


ネガティブな感情というのは、分離のエネルギー
逆にポジティブな感情というのは、統合、調和のエネルギー


これには良いも悪いもなくて、
ただそういうエネルギーの性質という理解が必要になる。


そういう理解をどれだけ自分の中で腑に落ちてるかが
結構肝になるなぁとJoeさんは感覚として持ってます。


それが腑に落ちてくると、世間で言われてる
何をしてもOK、ということも受け入れやすくなる。


観念の話に戻しましょーか 笑
大体において、観念をひも解いていく場合は
ネガティブな方をメインに特定していきますが
ネガティブな感情をヒントにしてひも解いていくわけです。


でもこれ、ポジティブな感情をヒントにして
ポジティブな観念をひも解いてもいいんですよね^^


つまり、自分の中にはポジティブな観念もネガティブな観念もある。


そして、大前提として、自分はそもそも、生きてるだけで、そうただ生きてるだけで
素晴らしくて
愛される存在で
満たされてる存在で
価値がある存在


だということ。
そうなると、ネガティブな感情とかネガティブな観念というのは
自分本来の自然な自分とは真逆になる。


でもそれがあるから、ネガティブに感じる体験はできている。
で、その体験を通して、


あ、自分は素晴らしくて価値があるんだ


と改めて知る、思い出す人生の旅をしてる。。。。
そんなことをどうやらやってるらしい。 


だから、Joeさんも話しててよく誤解をされるんだけど
ネガティブな観念やネガティブな感情が悪いわけではないのです。


いや、むしろいいやつ 笑
だって、 


今本来の自然な自分らしさから外れてまっせーーーーーーー!!!!


っていうサインを出してくれてるだけだから^^


だから、システムなんです。
ビリーフシステムは、仕組みであって
ただそこに、仕組み上、ポジティブなものとネガティブなものがあるだけ。


ただ、それだけ。
ほんと、それだけ。


で!!!
その上で、どちらを選ぶかは自分の自由^^


なんかそういう感じなんですよねー。
今日の記事はなんかダラダラと書いたけど(ん?いつもか 笑)
仕組みなんだということが言いたかったみたいです、はい。


でも、まずは、自分が一番ワクワクすること、ご機嫌でいることを
行動して見ることが、もちのロン、ありきでJoeさんは話してますが^^


ワクワクすることをしないで、
観念ばっかり見つけようとしても、観念ジプシーにハマって
ネガティブな観念ばっかり見つけて、時には見つからなかったりして
ハァハァ言いながら、どんどん苦しくなるだけです 笑


それ、Joeさんもめちゃ苦しみました^^
でもそんな自分に渦中は気づいてないから、
今振り返ると、やっぱりMなのかと。。。。 笑


そういうわけで、繰り返しになるけども
仕組みだということを今一度理解してみてちょ^^


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

↑このページのトップヘ