バシャールとワクワクを追い求める旅ブログ

宇宙の法則も引き寄せの法則も、とっっっっってもシンプルなんです^^

カテゴリ: いろいろ

前回の記事で自分のすごいところ100個についてつぶやきました。
やってみた人いるのでしょうか?


で、Joeさんちょっとやってみました^^
寝るときに。


ベッドで横になりながら。
部屋を暗くして、目をつむって。


自分のすごいところを出していくのに
ポイントとしたのは、小さなことも含める、ということ。


まぁ、人によって大きい小さいって基準が違うので
何とも曖昧ではあるんだけども 笑


すごいこととと聞くと、他の人にはできないようなこと
をイメージしちゃいません?


Joeさんは漏れなくするんですけど。
そうではなくて、誰でも出来ているようなことも
すごいこととしてカウントしちゃう^^


例えば、
歯を毎朝磨てる
靴を揃える
人に会ったら挨拶する
風邪ひかない
低い声くて響く
英語が話せる
文字が書ける
テニスができる
テニスのルールを知ってる
水をよく飲む
食べるとき美味しそうに食べる
Web制作会社の管理人をしている
人とコミュニケーションするのが上手
ひも解きコンサルティングをしている
散歩をよくする
左手で箸を使って食べれる
自分で洗濯できる
料理ができる
ブログを書いてる
バスケができる
歌える
マダムに好かれる
ブラインドタッチができる
家の掃除してる
食器洗ってる
ピーマンが食べれるようになった
ゆっくり歩く
ウクレレが弾ける
お酒が飲める
寝るときはパジャマを着て寝る


などなど、etcetc...


そんなことを、寝るときにひたすら思い浮かべては
数を数えていきました。
そしたら、100個出たんですよ^^


しかも、出してる途中からは、なんか顔がニヤけてきてて 笑
出していくのがどんどん楽しくなっていくんですよね。

 
やってみて感じたのは
これをやることで、やる前よりも自分が好きになれる。
自分には価値があるんだって思い込むことができるきっかけになるんだなと^^


いわゆる一般的な「すごい」ことだけじゃなくて
普段の生活の中で当たり前にやってることも
すごい、に含める。


そんなのすごくないって、異論のある人もいるかもしれないけど
それはそれでまぁいいんだけど
でも、やってみると、こんな自分でもちゃんとステキだったんだーって感じる。


これはやってみてJoeさんが感じたことね。
実際にやってみて、こんな当たり前のことはすごいことじゃないって
抵抗が出る人もいるかもしれない。


もし抵抗が出てきたなら、それは、自分で自分に制限かけてるってこと。
できない自分は大したことない、ダメなやつ。
それはそれで、まぁ何回も言うけど、いいけれど
それってあんまり楽しそうに見えない、少なくともJoeさんには^^


「すごい」のハードルを下げるってことにもなる気がする
この100個リスト、 面白いのでもう少し続けてみようと思っちょります。


自分のハードルを下げるってことは
それだけ自分のことを価値ある存在だと認めることができるってこと。


そして自分のハードルが下がっていけばいくほど
他人のことが気にならなくなって、他人も認めることができるようになる。


そうなると、自分のワクワクすることが
時間も行動もどんどん増えてく。


できてることは、全部自分のすごいところ。
そして、できないことは、それは人に頼む 笑
それはもう、お互い様ってことだ♫


あなたもやってみてはどうでしょ?
結構楽しいよ^^


最後まで読んでくれてありがとう^^


最新の情報をお伝えしてます^^
Twitter登録もお願いします♫
 

Joeさんです^ ^


僕らは奇跡でできている。
略して僕キセ。


知ってるかな?


フジテレビで毎週火曜日21時〜
Joeさんはこのドラマが大好きで^ ^


初回からずっと観てる。
今日も観た。


自分が好きなことだけして生きてくのは
思ってるよりも大変で。


あ、Joeさんにとっては、ね 笑
我慢して生きてる人が
好きなことだけして生きる方にシフトしてく。


それって、かなり勇気のいることだったりする。
もちろん、それがお茶の子さいさいの人もいる^ ^


毎回このドラマ観てて感動してて。
なんでって、好きなことだけして生きる
ワクワクすることを生きるっていう
そんかコンセプトがふんだんに含まれてる、
気がJoeさんはするから。


バシャールが教えてくれてる
ワクワクを生きる、を
こんな風に脚本にして
それをステキな役者さんたちが
見事に演じてるように見えて^ ^


そして、これを観ながら
自分の中でまた一つ一つ気付くことがあって。


もうね、このブログを読んでくれてる人には
ホント観たらいいよ♫
って言いたいです。


ワクワクを100%生きることは魅力で
そんな生き方をするって決めた途端に
とてもじゃないけどワクワクできないことが
それはもう次から次へと起きてきちゃう。


人間関係、仕事、家族、病気、などなど。


ホントはそんな出来事を通しながら
自分の感情や思い込みに気付いて
自分と向き合って、向き合って、


そうやって一歩一歩ワクワクの自分に
近づいていくっていうプロセスが
かけがえのない経験になるのに
そんな風には思えなくて


でもそれでもやっぱり自分らしく
生きたいからまた自分を知る
チャレンジを続けてく


そうやって乗り越えてくと
それまでのことが光とか感謝に
後になってわかってく


だからよりいっそうに
これまでよりもワクワクでいる時間が増える


そういうのを、とても客観的に
素晴らしいストーリーとビジュアルで
わかりやすく理解できるのが


僕らは奇跡でできている、
というフジテレビのドラマです。


あなたは自分のすごいところ、
100個言えますか?


パートナーのすごいところ
100個言える?


家族、子どものすごいところ
100個言えるかな?


でもやっぱり最初は
自分のすごいところ100個が先だよ。


自分のすごいところが出なければ
誰かに聞いてみるのもいい^ ^


自分では思ってもないことが
他のだれかにとってはすごいことだったりすることがある


Joeさん自分のすごいところ100個は
出したことなかったからやってみようと思った


100個どころか、ホントはみんな
無限にあるんだよね。


自分が生きてるだけで
何もしなくても
ただそこにいるだけで100%価値があるって


ホントはそうなのを僕らはみんな知ってる
ただ、忘れちゃっただけで。
ただ、価値が無いことにしてるだけで。


どんな自分が自分らしいのか
ワクワクする自分の感覚は
それは自分の心が知ってるのです


その心のナビゲーションに
少しずつ、そしてちょっと大胆に従えばいい^ ^


全てはエネルギーで
波動で
周波数で
できてるんだから^ ^


下町ロケットも熱くて好きなJoeさんでした


最後まで読んでくれてありがとう^ ^


最新の情報をお伝えしております^ ^
Twitterでフォローもしてね♫

こんにちわ^^
Joeさんです。


好きなことといえば、何があるだろう??
って考えてたんだけど。。。


しかも、人にあまり知られたくないことで。。。


Joeさんの場合は、、、、んーーあるなー。
まぁ割と周りの人には知られてるし、今更なところもあるかもだけど。


公にこれが好きなんだーーー♫
って胸張って言ってないことが、あるぞ。


好きなことはあるよ。
胸張って好きだと言えること、言ってること。


でも、これは流石に言えんということがある、ぞ。


もっともっと読者が多くなってからとか思ってた節もあるけども。
今言うのも後で言うのも同じか^^


ということで、書いてしまおう。
あ、ちょっとドキドキしてる 笑


Joeさんはですね
女性が全般が大好きなんですね。
女性のカラダが好き。だから目がいっちゃう。
お◯ぱいが好き(D、E、Fcup。はい、お◯ぱい星人です^^)。
キレかわいい女性が好き。
どちらかというと、猫顔よりも、犬顔が好き。
セッ◯スが好き。
細身が好き。モデル体型が好き。
エロい女性が好き。
マダムが好き。なんか安心する。
ばあちゃんやマダムには優しくしたくなる。


ま、いくつか知られてもいいものあったけど。
これを知られると、印象悪くなったり、嫌われたりすることがあるかもだけど。


でも、しょうがない 笑
だって、好きなんだもん。


Joeさんはカッコつけマンだったから
そういうの、よくないと思い込んで生きてきた。


かっこいい男って、一人の人を愛し続ける!
硬派な男がかっこいい!
みたいな感じで。


確かに、そうやってる人は素敵だ。
多くの女性はそんな男に魅力も感じるんだろう。


そしてJoeさんも漏れなくそんな男になろうとしてた。
ホントはスケベで女ったらしなのに、それを巧妙に隠して。
まぁ、隠せてたかどうかは、この際置いときましょう 笑
(Joeさんをよく知る知人からは、ダダ漏れだったという証言もあります)
 

結局、世間でいういい人に見られたかったんだなぁ、と。


こうあるべきだ!!
が、とても強かったんだよね。


でも、まぁ、大分緩くなってきましたよね^^
お陰で身近な人と離れてしまうということも経験しました。


きつかったよね。
理解してくれる人だと思ってた人が離れていっちゃうとさ。


孤独とか感じるし、
あー、ホントは自分の本音なんて言わない方がよかったんじゃないか、とか。
本音と建前をうまく使い分けた方が良かったんじゃないか、とかね。 


辛い気持ちに沢山なったけど
後悔は無かったって言ったら嘘になるけど
でも、それでも今の自分で良かったなぁって思えるのです。


今でも不安にもなるし、いろんなこと思い出すし
罪悪感が湧いてくることもある。


前の奥さんとか、子どものこととかね。
でも、いい距離感で付き合えてるのも事実。


子どもたちは泊まりにくるし。楽しい♫
別れた奥さんとは連絡もとるし。楽しい♫
まぁ、子ども関連のことが99%だけど 笑
でも、Joeさんにとっては大切な人。


自分らしく生きるって、Joeさんにとっては
なかなかに、ナカナカな選択だったわけで。 


まだまだ現在進行形。
っていうか、きっと、死ぬまで進行形なんじゃないでしょうか^^


自分の中にある、常識という枠を、執着を一つひとつ溶かしていって
自分がワクワクの状態で「イマココ」を過ごしている世界で生きるのがいいね^^


最後まで読んでくれてありがとう^^


最新の情報お届けしております^^
Twitterに登録してね♫
 

これまたお久しぶりの投稿みたいです^^
Joeさんです。


最近、ライブを初体験してみてわかったことがあって。
どうやら、「声」を出すのが好き、みたいです。


みたい、というのは
まだなんとなくそんな感じがしてるというレベルなもんで 笑


腹の底から声を出してる時
とてもとても気持ちいいんですよね。


でも、カラオケで歌う時は、なんか緊張する。
カラオケだと、一人でも、人前でも緊張する。


なのに、ライブだと妙な開放感か、カラオケほどではない 笑
なんでなんでしょうかね?


ちなみに、先日のライブの映像これです^^



子どもの頃、声変わりしてからの自分の声が嫌いだった。
というか、声変わりしてから、自分の声を初めて録音したことがあって。


録音後に聞いてみたら、自分の想像してたものとかけ離れてて。
もともと高音の声で、声変わりしたら超低音になって
それが嫌だったのに、録音したのを聞いたらもうゾワッとしちゃって^^


それからはずっと自分の声、嫌いだったなーーーー。
思い返すと、人はそんな低い声を褒めてくれる人たくさんいた(、、、と思う 笑 


でも自分では受け入れることができなかった。
だって、高音の声を出す自分が好きだったから。


思春期を迎えて、好きになる歌はだいたい声が高い人の声。
B'zとかめちゃ好きだったけど、全然歌えない。


最近思い出すことがあるんだけど
高校生の時にアメリカの日本人学校に土曜日だけ通ってて
そこでの国語の授業で、教科書を声に出して読み上げることがあって。
子どもにやる、読み聞かせみたいな感じで。


各パートというか、先生がストップっていうまで
読み続けるというルールで。


Joeさんの番になって、声に出して読んでたらさ
なかなか先生がストップって言ってくれないわけ。


他の子よりも明らかに倍は読んでるのに
一向にストップがかからない。


なんで自分だけこんなに長く読まされてんだ????
俺読むの下手くそなからなのかな。
先生忘れてんのかな。
なんて思いながらも読み続けてたのよね。


で、しばらくしてから、ちょっと疲れたので
少し間を置いてみたのね。


そしたら先生が、
あ!止めるの忘れてた!
ごめんごめん!


と言って、やっと次の人の番に変わった。


その時に先生が言ってくれた言葉があって。
それが、


お前の声に聞き入ってしまって
すっかりストップかけるの忘れてた、と。


その時のJoeさんからすると
いやいやいやいや、勘弁してくださいよ! と笑


そして、周りの子の中には
なんと、Joeさんの声を聴きながら寝てるやつとかいたし


Joeさんからすると
あー、自分は人を退屈にして眠くさせてしちゃうんだなー
って、なんとなく思った記憶がある。


そんな事、一言も言われてないのに!! 笑


そういうのもあって、なんかね
自分の声、子どもの頃からずっと嫌いだったんだよね。


実は、自分の声って
人は聞いてるだけで、心地良くなってリラックスできる声。
なのかもしれないと、最近思うようになったのです。


っていうか、そういうことにしちゃおうと 笑


で、ボイトレの先生とかに聞くと
とてもいい声だと言ってくれたり
他の人からも、自分の声を褒めてくれたりすることが増えてて。


なんだ、自分がこの声嫌いだっただけなんだ、と。
自分が嫌いだから、こんな声他の人に聞かれたくなかったんだ、と。


なんかね、そんなことに気づいた次第なんです^^


声を出すのは好き。
これは子どもの頃から。
広いところで大きな声を出すのが好き。


ライブ体験してみて感じたこと。
だから、別に歌手になりたいとかはない 笑


気持ちよく声を出せるだけでとても楽しい♫


まだまだ、おしゃべりも含めて
腹の底から声を出すの緊張するときもあるけど
なんか、それでもいいんだなぁと気分が軽くなっちゃった^^


苦手だなぁと感じてることの中に
自分の好きがあることも、ある。


もしかすると、読んでくれてるあなたにも
そういうのあるかもねーーーー^^


最後まで読んでくれてありがとう^^


最新の情報お届けしておるよ^^
Twitterに登録はこちら♫
 

東京よりこんにちは^^
Joeさんです。


バシャール旋風がとうとう巻き起こって来たんでしょうか?
何やら不穏(笑)な空気が。。。。^^


巷では11月11日がいろんな意味での転換期なんだそうで。
自分のブロックを外していればいるほど、これまで以上のスピードで
どんどん素敵な展開が起きるとか起きないとか 笑


Joeさん的にはあまりピンとは来てないんだけど
それでも、身の回りで起きてることを見ていると
そんな気がしないではありません^^


先日の「やりすぎ都市伝説」でバシャールが紹介されて
その後の11月11日はバシャールの誕生日。
(Joeさんすっかり忘れてましたけども 笑)


でも、なんと、その日にJoeさんは
生歌ライブデビューしたんですねーー^^


自身初のライブ。
ウクレレ使って加山雄三熱唱!
ノリノリで福山雅治ド熱唱!!!


緊張はあったんだけども
それ以上にめちゃ楽しくて楽しくて!!!


個人的には、声を出すって自分に合ってるんだなぁと
歌ってる最中に一人で勝手に感じてましたね 笑


CBABAFD8-FC32-4496-A328-8AB4B3EA2BF8
Joeさん満面の笑み♫


隣でギター伴奏してくれたのが
ボイトレ先生してくれている宇津さん。


彼のお陰で、歌うことへの抵抗が大分ハズレましたよね。
しかも、本番で歌ってる時、練習してきたよりも
一番声出てた感覚があって
後で 先生に聞いてみたら、やっぱり一番出てた、と^^


友人たちも来てくれてたのもよかった。
Joeさん的には、友人が見てくれてると楽しかったのですよ。


広いところで歌う方がいいのもかもしれない。
しかも全然喉疲れなかったし。


ということで、自分がワクワクすることを行動していると
どんどん自分の限界が広がっていくということも
今回のライブで実感した次第であります^^


12月は北海道で歌うことにもなってるし
その後、1月に都内でユニットでの初ライブもやるし。
中国でも歌うかもしれないし。


おーーーーー!!!
歌ざんまいっっっ!!!!! 


そして、なんと!
昨日、知人の焼き鳥屋さんがオープンして
そのレセプションパーティに行ったらデスネェ
(すっかり忘れててパーティ始まってから駆けつけたのは秘密です)  


同じテーブルに座ってた人が
音楽活動をしてる人で。。。。


作詞作曲してる人みたいで。。。


Joeさんのライブした話なんかを
それはもう楽しそうに(笑)話してたら
楽曲提供してくれるということになり。。。


な、な、な、なんとーーーーーーー!!!!


オリジナル曲が持てることになったのです^^
いやーーー、自分で作るということに一応なってたのに
こんな展開で自分の曲が一つ生まれることになるとわ!!


やっぱりね、自分が楽しく「いまここ」を生きてると
それに合わせたものが引き寄せられてくるということなんですねー!
と、改めて実感。


改めて実感しまくりだ 笑


嬉しい!
びっくり!!


でも超ウレピーーーーー♫


そんな昨日でした。


そして、今朝、早速デモ楽曲を送って来てくれて。



は、は、早いっっっ!!!!!


聴いたら、もうなんていうか、スゲーーー良くて^^


この楽曲を元にJoeさん作詞をするのですよ。
人生初作詞!!


そして、作詞完了!! 笑
これから楽曲作ってくれた方に送るのであります!


初だらけで、なんか面白すぎで一人でウケてる次第であります 笑


自分の曲なんてできたら、もっと歌いたくなっちゃいそうだわ^^ 



最新の情報をお届けします!
ユー、Twitterでフォローしちゃいなよ♫ 
 

↑このページのトップヘ