バシャールとワクワクを追い求める旅ブログ

宇宙の法則も引き寄せの法則も、とっっっっってもシンプルなんです^^

2018年10月

グーテンターク^ ^
Joeさんです。


人の目を気にしてるときないです??
空気読む、とか
そういうやつです。


Joeさんは子どもの頃から
人の目を気にして気にして
木になって、、違う
気になって気になって


気にしすぎて、自分のこと、自分の気持ちを言えない
そんなかわいい男の子でした 笑


で、そのまま大人になった。


で、人目を気にしちゃうから
意見が全然言えなくて、、
中学生から高校生卒業まで欧米に住んでたんだけど
欧米では、自分の意見を主張しなさい、と。


もうね、激しく絶望感を感じてましたよ 笑笑


でも、Joeさんなりにこれではいかんと思い
金髪の皆さんに習い、日々の過酷な修行を通して 笑
色々言えるようにはなった。


でもそれはスキルに過ぎなかったんですね。
人目を気にする癖、空気読む癖は
消えたわけじゃなかった。


で、後々に気付くことになるんですね
あ、観念として残ってたんだ、と^ ^


人目を気にしてるときは
相手に合わせようとしてるとき


空気読もうとしてるときは
自分を犠牲にして周りに自分をはめようとしてるとき


それだと自分自身を大切に扱ってないということにる
ホントは、本音は、という
自分だけの気持ちがあるのに。


それをないがしろにして
他人や周りを優先にしちゃってる
しかも無意識に。。


自分の本音を最優先にして
人目を気にせず、空気読まずをすると
自分にとって怖いこと、恐ろしいことがあるから


しかも、それを味わいたくないから
そんなことになるくらいなら
我慢して、人目気にして空気読んで
そこそこ上手くいってる方がまだまし


ということを、無意識にやっちゃってる。
そんな可能性がございますのですよ^ ^


Joeさんはまさにこれでした 笑


で、その無意識の部分に潜んでる観念が
嫌われたらどうしよう、とか
自分の無能さが露呈されたらどうしよう、とか


そんなのが見つかってしまったのです^ ^


つまり、自分は
嫌われるやつで、
無能なやつ、


と、心の奥底ではそう信じてたんですねぇ。。


で、そんな自分を認めたくないし
周りにバレたくないから
空気読んだり、人目気にしながら
なるべくうまく事が収まるようにと生きていた。


自分のことを無価値な存在ということにして
生きてしまってたのであります 笑


いやいやいやいや!


もう、それやめたるわい!!
ってなって人目きにないで、空気も読まないで
自分の本音に忠実に生きることにしたんです^ ^


そしたら、色々ラクになるんですよ^ ^
楽しくもなるんですよ^ ^


周りの人によっては、そんな自分に
ダメ出ししてくる人もいるし、
離れていく人もいる


でもそれでいいのです^ ^


だって、そんな自分をいいと言ってくれる人いるし
新たに繋がりが始まる人もいる。


エネルギー閉じて見るなら
そんな自分の波動だからこそ、
それに合わせた人が自分の周りに現れる。


今までの人も新しい人も^ ^


だから、大丈夫なんですよね。
どんな自分であっても。
必ずその波動に合わせた人が集まってくる。


そうは言ってもJoeさん、
まだまだ人目気にしたり
空気読んでたりすることあるんですけどね 笑


でもその度に、そんな自分に気づいた時に
ホントはどうしたい??
ホントはどんな自分を好むの??


と、自問自答しながら
自分の本音を選んで行動していけばいい^ ^


もうそれだけだわ 笑
なんか書いてて再認識した 笑笑


自分の本音で生きていて
周りから人目きにしてるように見えるかもしれない
空気読んでるように見えるかもしれない


でもそれは周りが、その人が
勝手にそう見えて、感じてるだけなのね。


だから、自分が気にするべきは
自分がどう感じてるのか、どう見てるのか、だけ。


だからだから、自分が今1番ワクワクすることを、
自分がご機嫌になることを、それだけに集中して、
それをやったらどうなるかなんて後のことは考えないで
ただ、やる^ ^


自分の状態をワクワク、ご機嫌、の状態にしておく^^


それを続けていくだけなんだなーーーー。


だから、あなたも、ね!


Joeさん今度中国行くかもなんですよ^ ^
ワクワクでございます^ ^


最後まで読んでくれてありがとう^ ^

オラ^^
Joeさんです。


加害者と被害者ってあるじゃないですか。
これについて今回はシェアしてみたいなと^^


一般的には加害者は危害を加える人で、悪者として世間では扱われますよね。
逆に、被害者は被害を受けた人で、まぁどちらかというとこっちが正しいという感じ。
あ、Joeさん的には、なんですけど 笑


加害者は、ひどい、サイテー、人でなし、
被害者は、かわいそう、弱者、


で、今から書くことってエネルギー的な話になるんで
一般常識を基準に読まないことを、声を大にしてオススメします 笑


毎度言いますが、これには良いも悪いもなくて
ただ、そういう性質なんだという理解をしてくおくれ^^


Joeさんは昔、自分を加害者にしたくないから
なるべくそうならないようにしてたし、最悪でも被害者になろうって思ってた。


だって、その方が、助けてもらえると思ってたし、 安全って思ってたから。
逆に加害者になっちゃうと、完全にのけ者扱いされて、孤立されて、
なんなら人との繋がりが完全に切れちゃうと思ってたので
そうなりたくないというのもありました。
(ず、ずるい奴だ 笑)


ただ、心の話とか、バシャールとか、引き寄せとか、エネルギーとか、
そういう目に見えない世界の理解が深まれば深まるほど、
加害者、被害者って、本質は、冒頭で書いたものと違うんだと気づいちゃったんですね。


加害者から書こうか、被害者のことから書こうかどっちにしよっかなーー。
どっちでもいいんですけど 笑


加害者は、自分を弱いとしてる人、わかってもらえないけどわかってほしい人。
加害者は、自分は弱いやつだけど、立場が上でいたいから、下でいたくないないから
コントロールするために権力を使ったり、力ずくで押さえ込もうとする人。 


本当に強い人っていうのは、権力も使わない、力ずくで押さえ込もうともしないんです。
本当に強い人は、力ずくとか必要なくて、
指先で軽くタッチするくらいの力で十分大きなことができると知ってる人。


そして、
被害者は、自分を弱いとしてる人、わかってもらえないけどわかってほしい人。
被害者は、自分は弱くて弱くて、こんなにかわいそうなんですーって言ってる人。


つまりですよ、加害者も被害者も、なんと両方とも
自分自身を、弱くて、わかってほしい、価値のない人だと、心の奥底は信じてる人なんですよ。


エネルギーでいうと同じ。
そう同じなんです。
同じエネルギーで引き寄せ合ってる。


自分の内側が先で、目の前の現実は後、なんですねー。


創造の法則の中にもある通りです。
出してるものが返ってくる。
what you put out is what you get back.


なんとびっくり 笑


言い方変えると、
被害者は、加害者の加害者でもあり
加害者は、被害者の被害者でもある、という


おっと、混乱してきた?
しないで 笑


見た目には異なる2者なんですけど
その実、一緒だったんだ、と。


そんな訳あるかーーーーーーい!!!!
という声が聞こえてきそうですけど 笑


まぁ、わかります。
だって、Joeさん昔はそうでしたから^^ 


ただね、エネルギーとして、法則として見た場合
そうとしか言えなくなってしまうのですよ。


だから、これ読んでしまってる人は、
今後人のせいにすることができなくなります 笑


あ、でも自分を悪者にはしないでよ 笑
(この辺が人によっては混乱しちゃうとこではありますが、その辺はまた別記事で^^)


で、人のせいにしないで、自分の中に答えがあって、全部自作自演、自分で創ってたってなると、
自分が引き寄せてたのかーーーーーーーー!!!!!
っていうことになりますから 笑


まだまだ人のせいにしたい人は、どうぞそのまま続けてください。
それを選ぶのも自由です、はい^^


でね、冒頭でも書きました。
これは良い悪いではないんです、と。


ただの性質なんです、と。
もう一度言います。


ただの性質です。
ただの特性です。


良い悪いんじゃないんですよーーーーーーーーー!
奥さんこ聞こえてますかぁぁぁぁぁーーーーーーー?????


その上で、伝えますよ^^
その特性の波動エネルギーにしてるのは、他でもない自分、ということ。


自分「が」それを選んだ。
だから、その波動の自分になった。
だから、その波動に合わせたものを引き寄せ、現実として現れた。。。


ん???
ふざけるな!!!って?


見えない世界の話なんかしやがって、
そんなことで丸め込もうとしてもワイは騙されへんで!!!
って??


それも、わかります。
なんせJoeさんが昔そうでしたから 笑


もうね、これは、この世の法則としか言いようがない。
それを信じてもらうしかない^^


これを信じれないということは、これ以外のことを自分が信じているということ。
そこに気づいてもらうだけでもいいですよ^^


でもね、これ分かりやすくないっすか???
今回の記事、我ながらなかなか良く書けてると自画自賛なんですけど 笑 
ただの自己満ですが 笑


だから、するべきことは
自分の波動エネルギーの状態を、加害者・被害者という
自分のことを価値がないというネガティブな波動を出すのをやめて
自分にはそもそも価値があったんだというポジティブな波動に変える、だけ^^


そうすると、加害者、被害者意識が自分の中から消えるんです。
気持ちがラクになるんです。
他の加害者、被害者だとアピールしてピーチクパーチク言ってる人のことが
自分は気にならなくなるんですよ。


人生が楽しくなってくる^^


自分のワクワクすることに集中できるようになる^^


どんどんその循環が大きくなってくる^^


加害者、被害者という自分には価値がないという、遊び、
そろそろ終わりにしましょう^^


というお話しでした。


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

ニイハオ^^
Joeさんです。


今回は、Joeさんの面白い友達の話をしようと思います。
彼の名前はMくん。


いつも、とあるビルの階段でやってる雑談仲間です 笑
そして、Joeさんはいつも彼に髪を切ってもらってるのであります。
そう、彼は美容師さん。


なんで彼の話をしようと思ったかというと
美容師なのに、ヘアメイクアーティストなんですね。


この、美容師をお店でやりながら
モデルや芸能人のヘアメイクもイベントなどでやってる、
しかも若手なのに、大きなイベントでもある2019年春夏東京コレクションにも
ヘアメイク担当として参加。
(2019年春夏東京コレクションがわからない人はこちらをどうぞ^^)


しかもしかも、ヘアメイクのスタッフ20人くらいからなるグループの
ヘッド(リーダーのこと)に抜擢されたという。


若手なのに。
(マジ、ホントに超レア、らしい)

っていうのが業界では非常に珍しいらしいのです。
(Joeさんあんまりこの業界のこと詳しくないんで、反論あっても受け付けません 笑)


でね、彼の何が面白いかっていうところなんだけど
その考え方とそれまでの道のりなのです。


Mくんはいつも話している時すげー穏やかなんですよ。
引っかかりのない穏やかさっていうのかな。
非常に心地良い。
Joeさんが女なら抱かれてもいいと思えるくらい 笑 


普段も心の話を彼とよくするんだけど
Joeさんが大事にしているものと非常に通じるものがあるなって。


彼は、ヘアメイクアーティストとして描いてるビジョンがあるんだけども
それを苦労とか我慢とかしながら、やりたくない仕事もやりながら
一歩一歩歩んで行きたい!!!!


とはこれっぽっちも思ってなくて 笑笑
(あ、でも昔はそういうところもあったらしい)


それよりも、気持ちよく、自分のやりたいことを、やりたいように、やりたい人とやる
ということを大事にしていて。


しかも、それを、いわゆる一歩一歩、歩く歩幅で進んで行くのではなく、
ジャンプしながらラク〜に楽しく進んでいく感じがいいなとイメージしてた。


で、それができると信じて、その通りに動いてたというのです。
(観念がそういう設定だったということですな^^)


冒頭にも書いた、彼が参加した東京コレクションでいうとですね
もともと参加することになってなかったんですよね。


でもひょんなことから、グループをまとめるヘッドとして参加することになった。
ここまでの道のりがとても面白くて^^


簡単に言うと、ワクワクすること、ハートがやりたいことをやってたらそうなった。
ということなんですけどね 笑


え?
シンプルすぎ????  笑


少し細かく話すと、
彼はコレクションにヘアメイク担当して参加したいとは思ってたのです。
なんとなく来年(2019年)かなぁっていうのはあったらしい。
そんなことを思いながらも日々穏やかに美容師とヘアメイクの仕事をしてたんですね。


そしたら、ひょこっと、イタリアでのコレクションに
スタッフの手伝いとして行かないかとお誘いをいただいたらしく。
ただし、お金は全部自費で、と。。。


普通躊躇しますでしょ?
っていうかJoeさんならする。
以前のJoeさんなら絶対に行かん 笑


彼も多少の躊躇はあったものの、
でもその時、彼の中で何か繋がったものがあったんだって。


来年のコレクションにヘアメイク担当として参加したいって思ってるし、、、
そうか、これもそうなんだ!
と。 


だから、喜んで自分でお金出しますって言って
イタリアのミラノまで乗り込んできたのです。オラァ(p゚ロ゚) 


そしたら、思いの外素晴らしい体験になり、、、
日本に帰ってきてしばらくしたら、東京コレクションのヘアメイクのヘッドに抜擢された、と。 


ヘッドの人はもともと担当する人がいたんだけども
そのヘッドのポストに急に空きが出て、いろんな縁があって彼に白羽の矢が立ったとか。


か、か、神のハカライか・・・!? 笑


そして、イタリアでの経験がこのコレクションでめちゃくちゃ活かせたらしく
次の仕事にも繋がるような評価までいただいちゃったとか。


まさに、ジャンプしながらここまでたどり着いたわけですよ。


業界の常識で言ったら、もっと年数かかることなんだとか。
(その常識を無視した観念を彼は奥底に持ってたということよね^^)


そんなことを、穏やかな口調でニコニコしながら話してくれるわけです 笑


もうね、この現象はですね、


バシャール的に言うと、シンクロニシティです^^
心屋仁之助さん的に言うと、なんか知らんけど、です^^
引き寄せ的に言うと、引き寄せ、です 笑


彼は自分のワクワクすることを選んで、
その波動のエネルギーを出していたからこそ(法則:出したものは返ってくる) 
来年やれたらいいなと思ってたコレクションが今年に舞い込んできた^^


いやーーー、Joeさん素敵な話を聞けましたですよ^^
Mくんありがとーーーー♫ 


彼には近いうちに、もっと深い彼の考え方をインタビューでもして
その動画upとかさせてもらおうかと思ってます。


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

夜の東京からこんばんは^^
Joeさんです。


感情はそれ自体では単独に存在することができない。
というお話を以前したことがあります。
その辺りはこちらもどうぞ^^


感情だけでは存在できないと。
仕組みがある、と。


感情はサインなんですよね。
ポジティブな感情は、それは自分らしくいれてるよ、というサイン。
ネガティブな感情は、それは自分らしさからズレてるよ、というサイン。


そう、ただのサイン^^


どっちの感情が良いとか悪いとかではなく、
ただ、そういう性質なだけなんだということを理解してくると
あまり、目の前の出来事に翻弄されなくなるんだよ^^


じゃ、感情だけでは存在できないというのはどういう意味か?
それは、感情にひもづいている元のものがあるということ。


それが観念、なんですよね^^
自分の中で、真実として信じてしまっていること。
(観念についてはこちらもどうぞ^^ その1 その2 その3


職場で、プライベートで、特定のあの人と会ったとき
いつもドキドキしてしまうというとき、
そのドキドキが、怖さ、窮屈さ、萎縮してしまうのであれば
こんな風に自分に問いかけてみるようにしてみて^^


このシチュエーションで、怖さ、窮屈さ、萎縮を感じてしまうのは
自分にどんな観念があるからだろう?って。


また何か指摘される、ダメ出しされる、威圧される


ダメ出しされる自分は弱い人間


弱さはダメなことだという観念があるかもしれない
押し負ける自分はダメだという観念があるかもしれない


でもね、ダメだと決めてるのは自分だけなのです^^
一般的にもそうだ!、という異論が出るかもしれない。


でもね、それは関係ないのです。
他の誰かはそうなのかもしれないけれど、
自分もそうである必要はないのです。


そして、自分をダメだとしてる観念を持ってるならば
それは、ただのネガティブな波動のエネルギーという性質なだけなのです^^


ネガティブな観念を自分で持ってるから
ネガティブな感情(恐さ、窮屈さ、萎縮)として出てきていただけ^^


ここに気づくだけで、全然違う。
自分が選んでたんだと知るだけで、自分にチカラが戻ってくる^^
この世界は自分が創ってるって理解できるようになってくる。


気持ちがとてもラクになるのです^^


ネガティブな波動に良いも悪いもないのです。
ネガティブな波動の特性は、ただ分離、縮小、断絶の性質があるというだけ。


これを自分が無意識に選んでしまってるだけなんだと気づけばいいのです、はい。


そして、もし、観念を見つけたのに
同じシチュエーション、同じ感情が出てくるとしたら


もしかすると、その観念にひもづいているサブ観念があるかもしれない。


観念はミルフィーユ状になってることがあって
更に奥に他の観念が潜んでる場合がある^^


じゃ、そのサブ観念は一体なんだ????
って、それを見つければいいのです。


最初はしんどいかもしれない。
Joeさんもそうだった。


でもね、その先にはちゃんと光があるんだわ^^
自分のホントに大事にしている宝箱があるのですわ 笑


大丈夫、みんなそれを見つけるチカラと権利がある。
そして、それは自分の中にあるのです^^


威圧する波動のエネルギーには自分は勝てないという観念なのかもしれない


でも、それ、気のせいかもしれないということ^^
そもそもなんでそれを自分は信じてるんだっけ???


人をコントロールするには威圧することが手っ取り早いと信じてるのかもしれない
今までの人生、威圧されてきた、コントロールされてきたと感じてるかもしれない


だって、昔、嫌だと感じてそれを主張しても
受け入れられなかったから、聞き入れてもらえなかったから。


威圧の波動は分離のネガティブな波動なだけで
ただそれを自分は無意識に受け入れて、洗濯、、、じゃない選択しちゃってただけなんだ、と^^


だとしたら、自分は今からはそれを好まない、選ばない。
威圧される自分自分でいることを望まない。


威圧される自分をもう辞めてもいい、と。


だったら、どんな自分を好みますか??
どんな自分を選びますか???


威圧の波動には合わせない自分、動じない自分、調和な波動の自分
ワクワクな波動でいる自分を選ぶ!!


それを自分には選べるだけのチカラがあるのです^^


そもそも、あの人はコントロールなんてしようとしてないのかもしれない。
コントロールもしてきてないし、威圧もしてきてないのだ、とすることもできるのだ^^


ただ意見を言ってるだけなんだ。
そういえば、他のあの人の場合もそうなのかもしれない。


自分が勝手に過去のことと重ねてただけだわ 笑


っていう風にできちゃうのです^^


ちなみにこれ、Joeさんのことなんですけどね、あはは 笑


こうやって、自分の中にある観念を見つけることができれば
それを手放して、自分の望む自分になることができる。


ワクワクすることをしながら、こういうことをやっていけばよいのです^^


観念とサブ観念、一見面倒に見えるかもしれないけど
見つければ見つけるほど、自然体の自分らしさに戻ることができる。


だから、ワクワクすることをやりながら、
自分の観念を見つけるのもワクワクの一部なんだよね♫


こんなこと書きながら、Joeさんも
悶絶することまだまだあるんですけども 笑


でもJoeさんは、こうやってワクワクを追い求める旅がワクワクするのです^^


答えは全部自分の中にある。
今がどんな状況でも、最悪だと思える状況でも、大丈夫^^


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

Joeさんです^^
こんちゎーっす。


今回シェアしたいことというのが
そもそも、、、の話です。


この、そもそも、が自分の中でどうなってるのかで
普段の生活、仕事、恋愛、人間関係、をどう捉えるかが変わる。


もうこれに関しては、Joeさんも訓練中なんですけど。


自分の存在意義というか、自分とはなんなのか、というところの
そもそも、です。


人によって違うし、もしかしたら、これを読んでみて
異論もある場合もあるでしょう。


でも、それが、自分のそもそも、ということになるんですよ。
異論のその元にある自分が信じてるナニカ。


じゃ、そもそもって何かというとですね
そもそも、


自分は価値ある存在である
自分には「ある」という言い方もある


人によっては、自分には価値が「無い」と感じてることもある、よね。
Joeさんも生きてる中でそう感じてしまうことたくさんありますよ。


でも、以前の自分よりは思わなくなってるわけです。


他の記事でも書いてるけど、
自分が今現在、何を信じているのか。
自分のことをどう信じているのか。


これ、自分で決めていいことなんです。
信じるチカラっていうのは、全人類平等に持ってる能力だということを
まず知ってほしいな、と。


必ず何かを信じてるんです、我々は。
何を信じてるかの違いだけ。


じゃ、何を信じてるのか?


自分を価値が無い存在として信じてるのか
自分を価値がある存在として信じてるのか


ある条件においては価値があるけど、
他の場合には価値が無いと思ってるのか


これも、自分の信じるチカラを使ってそう信じてしまっている、だけ


だから、そもそも、自分には「ある」んだと信じてみる
何をしても、何もしてなくても
何かができても、何もできなくても


自分は、そのままで、ただここに存在してるだけで
価値があるんだ、と信じてみる


過去に辛い出来事があったから、価値が無いと
信じ込んでいるのかもしれない


でも、それは本当は、勘違いなのですよ^^
Joeさんにも、あなたにも、今ここにいるだけで、価値があるのです。


自分の価値は何も変わってないんだってことに気づくと
世間が、周りが、自分の見方が変わる。


あー、なんだ、
自分はこのままで価値があるし、
満たされてるし、愛されてる、ってことが感覚でわかってくる。 


だから、「ある」んです。


「無い」ということにしてしまった自分がいただけ。
「無いがある」とも言える 笑


つまり、「ある」がもともとの大前提。
今ここにいるってことは、「ある」ってこと。


でも、「無い」がダメとかそういうんじゃないのよ^^
「ある」の中に「無い遊び」を作ってしまっただけ。


そう信じてしまって生きてきた自分がいるだけ。


無い遊びをしているときは
それを満たそうとして、外側に欲を求める。


でも「ある」のまま生きていると
欲ではなく、好奇心で動く。


「無い」の人は過去と未来に生きてる
「ある」の人は今に生きてる


だから、「ある」を前提にしてみてください。
それを信じてみてください。


信じることに許可を自分に出してみて。
しゃーないから、信じてみるかーーーって 笑


そしたらね、ほんと、自分の世界が変わるんだから^^


どうしても信じれない場合?
それは、信じれないことを信じてるってことです。
何かを信じているってこと。
信じたくないってこと。


だって、信じれなかったことがあったから、、、。


でもね、それも、自分の信じるチカラをそこに使ってるってだけなんです。


というお話でした。


最後まで読んでくれてありがとう^^ 

↑このページのトップヘ