こんにチワワ^^
Joeさんです。


相手を責めるのも
自分を責めるのも


同じ「責める」


なんだということをシェアしてみようかなと。


今日はなんだか大事な内容になる気がしてきた 笑


責めるって、攻撃することと同じなんだってことなんですよね。
似た言葉としては、どんなのがあるかなぁ。


痛めつける、つけられる
傷つける、つけられる
フルボッコする、される 笑
害を与える、受ける


とかですかね。
んーー、他にもありそうだけど、
ボキャブラリー少ないJoeさんには
これが限界です。。 笑


言葉としては違うけど、
どれもネガティブな感じしませんか?


エネルギーでいうとネガティブエネルギーということです。
分離、破壊、孤立の性質があるということ。


そして、責めるって、
相手を責めるにしても、自分を責めるにしても
どちらにしても同じネガティブな性質のエネルギーなんですよ。


ということはですよ、
相手を責めてる時は、
同時に自分を責めてることになるんですよね。


なんかわかります??


だってね、相手を責めてる時、
どこからその感情が出てるかっていうと、、、


自分ですよね。


なので、結局は自分を責めてるのと同じなんですよ。
ここが、なかなかどうして伝わりにくいんですけど。。。笑


そして、相手ではなく、自分を責めてるときは
文字通り、自分を責めるエネルギーが
自分の内側から発生してる、ということになる。


これは、責めることだろうが、喜ぶことだろうが
仕組みとしては全部一緒^^


つまり、全部自分の中から始まってる、ということ。


ここで、いやいやいやいや!!!
目の前の現実が起きてるから、そっちの方が先だから!!
その後に、この感情が自分の中に発生するじゃろうがーーー!!!


って思う人もいると思うのですが。。。
そこはちょっと、Joeさんの意見をちょっとだけで
受けれてもらうとしてですね。。。笑


で、全部自分の中から始まってるとすることができるとですね
答えは全部自分の中、内側にあるんだということにつながるわけですよ
先輩!!


軸を自分に持ってくることができる。
自分の外側の誰か、でもなく
環境でもなく^^


で、で、ここで、
責めることが悪いことだとしないでいただきたく。


「責める」はただのネガティブなエネルギーなだけなんです。
それを、自分が、意識的か無意識か、
使ってるだけなんですわ^^


だから、どんなエネルギーの状態で自分がいるのか
それを知って、自分の望むエネルギーの状態に変えていくだけ。


外側の状況や、環境や、アイツ(笑)、は関係ない。
(あ、我慢とかしてるとまた異なってくるので悪しからず。。。はぁ。)
でも、外側のそれ、は自分が今どんなエネルギーの状態なのかは
教えてくれる^^


そう、自分の外側にあるものは
全部、自分の内側を分かりやすいように見える形で教えてくれてるのです。


引き寄せ、です。
出したものが返ってくる、です。
what you put out is what you get back、です。

相手は自分の鏡とか、反映とか聞いたことありません?
それは、そもそも、全部自分の中から始まってるという前提だから
成立する話なのですよ、奥さん。


いやーーーー、伝わるのか?伝わるのか???
この説明で伝わるのかーーーーーー!!!笑


これが今のJoeさんのベストでございます^^


ただですね、こういうのを普段の生活の中で
渦中にいると尚更なんですけど
気づかなかったりするんですねーー 笑


はい、Joeさんのことですけど 笑


気づいた時なんか、
うわぁぁーーーーー、またやってもうてるーーー!!


ってなるんです。


でも、この仕組みを知ってるのと知らないのとでは
体験している身としては、天と地ほどの
差があるのではないかとJoeさん思ってるわけであります。


これを知ってるだけで、ちょっとしたときに


おぉ!!


って、ふと気づくときもあるんですよ。
そういえば、Joeさんとかいう奴がなんか言ってたぞ、と。


アイツ、めちゃくちゃいいやつで、カッコよくて、
紳士で、面白くて、マジ尊敬する奴が言ってたぞ。と 笑


別にJoeさんじゃくてもいいんですよ。
名前忘れたけど、なんか情報として合ったぞ、と。


別の素敵な方々も同じことを、色々な表現で発信してくれてるので
それを思い出したりするだけでもいいんですよ^^


仕組みとして、こういうものがあると知ってるだけでいいのです。 


ただの仕組みなので、
もう、どんな自分でもいいんです。
素晴らしいんです。


責める自分も素晴らしい存在なんです。
価値ある存在なんです。


愛ある自分の素晴らしい存在なんです。
価値ある存在なんです。


両方素晴らしくて価値あるんです。
同じだけ^^


そう自分で、自分のことを認めることが
自分を大事にすることなのですわ^^


こんな自分も自分の一部かーーーーーーー、と 笑
これでもいいのかーーーー、と。


ダメな自分の部分を認めちゃう。
ダメなアイツの部分を認めちゃう。


それから選ぶのです。
どの自分も、自分なんだとしたら
今どういう自分として生きていくのか、と。


んーーーー、ここの表現がムズカスィ。。。


だから、
責める自分も
責められる自分も
怒る自分も
怒られる自分も
傷つける自分も
傷つく自分も
愛さない自分も
愛されない自分も

喜ぶ自分も
喜ばれる自分も
褒める自分も
褒められる自分も
認める自分も
認められる自分も
愛する自分も
愛される自分も


全部ひっくるめて、自分の中にある、ってことなんすね^^


それを、この人生で、いろんな経験を通して思い出していくって感じかな 笑


だから、これを読んでくれてる人も、
Joeさんと一緒に、本来の素敵な自分を思い出していきましょうぞ^^


最後まで読んでくれてありがとう^^


最新の情報をお届けします。

JoeさんのTwitterをフォローしちゃおう!