こんにちは^^
Joeさんです。


さぁ今回もまいりましょー。
バシャールのいう観念についての別角度からのシェアです。


自分は人に上手く伝えることができない、と信じてる人

自分の気持ちは人に届かない、と信じてる人

自分は無視される、と信じてる人



だって、伝わらないから、伝わらなかったから

だって、届かないから、届かなかったから

だって、無視されるから、無視されたから



だから自分は人に(気持ちを)伝えることができないやつ



だったら、伝えようとして、届けようとして、ダメで

それで辛い気持ちになるくらいなら、やらないでおこう


自分のことあまり話さないでおこう
聴く方に徹しよう 



そんなことが、あなたの中にあるのなら

それは、、、もう辞めてもいいのかも、です。



だってその、信じてることは、勘違い



うん、カンチガイ、です。
どこかでそういうことにしちゃった、だけ。 



これは、Joeさんのことを言っています^^

僕は、こういう気持ちが、心の奥底にあったみたいです。



だから、

言葉にして伝えることが苦手だった。

文章にして届けることが苦手だった。



人前で話すとか、説明するとか

雑談の時は大丈夫だけど

本当に伝えたい時、できなかった、今思えば。



Joeさんは人前に出るとすごーーーく緊張するんです。

脇汗めっちゃかくんです 笑

脇にビショビショになっちゃうんですよ。



自分が大事だと思うシチュエーションになればなるほど。

恋愛で告白するとき

仕事で社内の人やクライアントに説明するとき

600人の前で話すとき。
などなど 



本当に緊張してた。



場数踏めば慣れると教えてもらったこともある。

多少は慣れた。

でも慣れなかった。



人前に出る時に、手に「人」って書けば大丈夫だと教えてもらったこともある。

でも無理だった。



聴衆の人の顔を野菜とか果物のイメージ持つといいと教えてもらったこともある。

でも一時的なものだった。 



根本の解決にはならなかった。



なんなら、それ以降、恐怖が増してた。

人に話す直前なんか、怖くて怖くてどうしようもなかった。



だから、試行錯誤で上手に話すように頑張ったり

明るく接するようにしたり

でも文章は書かないようにしてたけど


で、割とできるようにもなった。
周りから認められることもあった。
でも、自分の中の気持ちの部分は何も変わらなかった。 



もしかしたら、同じような人もいるんじゃないでしょうか。



この記事の最初に書いた

自分は人に上手く伝えることができない、と信じてる人

自分の気持ちは人に届かない、と信じてる人

自分は無視される、と信じてる人



これはまさしくJoeさんのことなんです。

気づいた時、あまりに衝撃で笑けてきました。



こんな観念持ってたら

そりゃぁそのエネルギーに合ったもの返って来るわ、と

っていうか、返ってきてたわ、と。



ずっと、ほぼこの40年間^^



で、これ、辞めます。

この観念書き換えます。



気持ちが伝わらない人として生きるのはもう飽きた。

声が届かない人として生きるのはもう飽きた。



気持ち伝わったってええじゃないか!

声が届いたってええじゃないか!



なので、Joeさん

気持ちが伝わるやつ

声が届くやつ



伝わらない人がいても、声が届かない人がいても

Joeさん自身はラク〜に楽し〜く簡単に伝わるやつで、届くやつ、でいこうと^ ^



この観念の書き換えの後から

このブログがどうなっていくのか。



動画配信がどうなっていくのか。

(実は宇宙男子という2人組でyoutubeで配信してるのです)



Joeさんの現実がどうなっていくのか。



よし、どうなっていくのか、検証です^^



大丈夫、あなたもうまくいってます。
 


なんか宣言記事みたいになったけど

最後まで読んでくれてありがとう^^